Follow Us:

ワードプレスの依頼事例:WordPressを静的HTMLに一括変換する

  •  更新日:

このクライアント様がご希望されていたのは、再三にわたるワードプレスの改ざん被害からWordpressを静的HTMLに変換するという事でした。ワードプレスを一旦静的HTMLに変換しPHPの実行をさせないようにするとハッカーが仕込んだコードが実行されなくなり改ざん被害はかなり防げます。ここではその方法をご紹介いたします。

code-1076533_960_720

ワードプレスをプラグインでHTMLに一括変換する

WP Static HTML Outputを使用すると、ワードプレスを丸ごとHTMLに変換してZIP形式でダウンロードできるようになります。(プラグインの更新が停止しているため現在の最新のワードプレスの一部では正常に動作しない可能性があります)
screenshot-2
プラグインをインストールしたら、tool>WordPress静的HTML出力 と進み、サイト全体をZIP圧縮するをチェックして、Generateボタンを押します。

お問い合わせフォームは機能しなくなるので注意が必要です

これで簡単にWordpressをHTMLに変換可能ですが、フォームがあるサイトはそのフォームの送信メールや記録機能が使用できなくなりますので注意が必要です。ワードプレスドクターでは全体をHTMLにしながらもフォームだけPHPファイル(動作可能な実行ファイル)で正しく動作するように再度プログラムし直す事も可能です

ワードプレスを外部のソフトウェアから一括してHTMLに変換する

Windowsでは WinHtttrack MACでは、SiteSucker というウェブサイトのリンクをたどり、丸ごとHTMLでサイトをコピーしてくれるソフトがあります。
このようなソフトで、サイトをHTML化してダウンロードする事も可能です。ただ、これらのソフトはJavascriptのリンクをたどれなかったり、JSで制御されたマウスオーバー画像等を再現できないという問題もあります。

ここではSiteSuckerの使い方を簡単に説明いたします。
アプリケーションを起動したら、

sitesucker

赤枠の部分にダウンロードしたいサイトのURLを入力します。
また次に、青枠の部分をクリックして「Always Download HTMLand CSS」にチェックし、「Destination Folder」という部分でダウンロード先のフォルダを選択しましょう
スクリーンショット 2016-02-01 20.38.22

WordPressを静的HTMLに一括変換されたい場合は是非ワードプレスドクターにご依頼ください。


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.