Follow Us:

ワードプレス(WordPress)でアップロード容量制限を増やす、または減らして容量制限を掛ける方法

  •  更新日:

ワードプレスでファイルのアップロード制限がかかりアップロードできない場合の対処方法と、逆にアップロードの容量制限を権限ごとにかける方法をそれぞれご紹介します。

cloud-computing-1990405_1280

WordPressのアップロードサイズ制限を解除(容量を増やす)には?

メディアライブラリ ‹ f clone — WordPress(1)
ワードプレスのファイルアップロード制限がかかり、ファイルをアップロードできないとき、それはワードプレスの設定ではなく、PHPというワードプレスの構築プログラムの設定が原因となっています。
ワードプレスのアップロード制限容量はメディアアップローダーで確認ができます。
メディアライブラリ ‹ f clone — WordPress

この制限を増やすには、php.iniというワードプレスとは別のサーバー自体の設定ファイルを書き換える必要がございます。各レンタルサーバーでは一般的に、このphp.iniをご自分で編集する機能が提供されています。もし、機能が提供されていない場合は各サーバーの運営者にお問い合わせいただくか、ご自分のサーバーに置いてある場所を探す必要がございます。php.iniの場所を探すには、下記のコードを記載したinfo.phpファイルにブラウザでアクセスし、ご確認いただけます

<?php phpinfo(); ?>

php.iniの容量制限を増やすには?

php.iniの下記の行を編集します。この例ではアップロード制限を50メガバイトに変えています。500KBなどと記載してキロバイト単位で記載することも可能です。

upload_max_filesize = 50M
post_max_size = 50M

これでサーバーソフトウェア(apache)の再起動を行うと、phpの設定が再読み込みされ、ワードプレスのファイルアップロード制限の容量を増やすことができます。

また、htaccessファイルに下記のように追記をすることでアップロードサイズを変更することも可能です。

php_value upload_max_filesize 50M
php_value post_max_size 50M

WordPressのアップロードサイズ制限を掛けるには?

逆にアップロード制限を掛けるには、もちろん上記のphp.iniの方法で、制限を減らせばよいのですがユーザー権限ごとにサイズ制限や、ファイルアップロードの種類に制限を掛けるにはどうしたらよいのでしょう?
このための便利なプラグインに、「WP Upload Restriction」というプラグインがあります。
こちらのプラグインでは、チェックボックスでアップロードファイルの種類を変えたり、下の方の「Restrict upload size」という部分に数値を設定することでアップロードサイズの制限を掛けることができます。

screenshot-1

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズや保守のご依頼、ご相談はワードプレスドクターまでお気軽にどうぞ


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.