Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:サイトリニューアルに伴う過去サイトのサブドメイン化

全国に営業所がある不動産売買、仲介、リノベーションの大手企業様で、地域ごとにサービスのサイトが構築されていて、本部サイトのリニューアルに伴いその地域ごとのサイトのドメインを廃止されたいが、地域ごとのサイトの一部コンテンツを残して、サブドメインとして公開しリニューアル後の本部サイトからリンクされたいとのご依頼を受けました。


ワードプレスの サブドメイン化 移行の主な作業

DNS設定の変更によるサブドメインの登録作業
サブドメインは(funabashi.example.com 等のfunabashiの部分です)、ドメインのDNS設定というドメイン名とIPアドレスの対応をAレコードという設定で追加しますと、無料でいくらでも増やすことが可能です。まず、このサブドメインの設定と、サブドメインでアクセスされた場合のフォルダの追加、そのフォルダのバーチャルドメインの設定などがサーバー側で必要となります。

サブドメインをバーチャルドメインで特定フォルダにアクセスさせるサーバー側の設定例

<VirtualHost *:80>
 ServerName subdomain.example.com
 DocumentRoot /var/www/subdomain/
 <Directory /var/www/subdomain/>
 AllowOverride All
 Options FollowSymLinks
 Order allow,deny
 Allow from all
 </Directory>
</VirtualHost>

ワードプレスのURLをサブドメインに変更する
また、ワードプレスのサイトURLや、ホームURLの設定変更に加えて、データベースに書き込まれているすべての旧ドメイン名の変更、テーマファイルの旧ドメイン名の変更等ワードプレスを新サブドメインへと適合させるための処置が必要となります。
弊社ではツールを使用して確実に一括置換してこれらのドメインを置き換え処理いたします。

データを新サーバーに移行する
ドメイン名を完全に置き換えてサイトのデータを新サーバーに移行します。データベースを新規作成し、インポートします。
ワードプレスの移行は正しくワードプレスの仕組みを理解していれば、それほど難しいものではございませんが、実際にはデータベースやパーマリンク、テーマなどの複雑な設定やプログラムが絡んでいるためうまくいかない場合が多いのも事実です。
ワードプレスドクターは長年にわたり多数のお客様の様々な移行のご依頼にご対応しているためサイトが表示されるなどのリスクも非常に抑えて迅速に移行作業を完了いたします。

参考記事

旧サイトからのリダイレクト処理

次に、上記のサブドメインのサイトが無事に公開されましたら旧サイトへのアクセス時(検索エンジンや、他のサイトからのリンク)に新しいサイトへリダイレクト処理を追加する必要がございます。
リダイレクトとは、旧サイトのアドレスにブラウザでアクセスした際に新しいサイトの同一情報のURLにユーザーが気づかないうちに誘導する方法で、HTACCESSファイルという設定ファイルに処理を書き込んで旧サーバーに設置する方法が一般的です。
また、リダイレクト処理を301というパラメータを付与して行うと、検索エンジンが自動的にそれを認識してURLを新しいサイトのURLに順次書き換えて行ってくれます。
ワードプレスの場合、プラグインを利用してリダイレクトする方法もあります。

参考記事
WordPressリダイレクト-ドメイン変更の移転後に全ての記事をリダイレクトする

ワードプレスドクターではこのような煩雑な移行のご依頼も、多数の経験があるプロフェッショナルが代行しますので、安全に迅速に作業を環椎することが可能です。是非ご相談ください。

WordPress の様々な移行、引っ越しにご対応いたします。ワードプレスドクターにご依頼、ご相談ください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.