Follow Us:

Googleにワードプレスのページを更新(再クロール)してもらう方法

ワードプレスのページを追加したり、変更した場合には検索エンジンが自動的にその情報を拾ってくれて(クロールといいます)、検索結果も書き換えてくれます。
ただ、早くページの変更を認識させたり書き換えてもらったり、登録させたいときもあるかと存じます。この場合に取りうる方法をお伝えいたします。

ワードプレスサイトのサイトマップを自動生成しましょう

まずワードプレスのプラグイン(機能拡張)でサイトマップを自動生成するようにしましょう。

サイトマップとは?
サイトマップとは簡単に言いますと、あなたのサイトの全ページのアドレスの一覧で、検索エンジンがサイトを直接訪ねてリンクをたどってページを探すのではなく、このリストを頼りにページを見つけてくれますので早く確実にサイトのページが検索エンジンに認識されるのを促すための書類です。あなたのサイト上に生成されます。

Google XML Sitemaps はGoogleの標準に合わせたサイトマップを自動的に生成してくれるプラグインです。

こちらを導入するだけで、簡単にワードプレスがサイトマップを自動生成してくれるようにすることができます。

ワードプレスの管理画面>プラグイン>新規追加 から、検索欄にGoogle XML Sitemapsと入力しプラグインをインストールと有効化されてください。

次に、管理画面>設定>XML-Sitemap をクリックし最下部の「優先順位の設定」を全て1に書き換えて設定脳更新ボタンを押します。
(クロールを後回しにしてもよいページ等ございましたら1でなくても問題ございません)

これでサイトマップの設定が終わりました。サイトマップのURLは、

http://あなたのサイトのトップページURL/sitemap.xml

になりますのでブラウザで上記URLにアクセスしてみて正しくサイトマップが生成されているかを確かめましょう。

Googleサーチコンソールにサイトマップを登録しましょう

Googleサーチコンソールを利用されると、サイトを運営している方が直接検索エンジン側にサイトのページ構成を伝えることができます。

サーチコンソールはこちら
https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

このサイトマップの登録によって、検索エンジンはより効率的にあなたのサイトをクロールすることができるようになりますので更新等の認識が早くなることがございます。また、もれなくサイトの情報も拾ってくれますのでサイトをお持ちでしたら必ず行っておきたい作業です。

サーチコンソールにユーザー登録されたら、
サイドバーから、「サイトマップ」を選び、新しいサイトマップの追加から、sitemap.xml と入力して送信ボタンを押されてください。(上記ワードプレスの自動生成サイトマップのURLを入力されてください)

Googleサーチコンソールで特定のページを更新・追加するように手作業で促す

また、特定のページを手作業で、Googleの検索エンジンが即座に登録したり、更新するように促すことも可能です。
まず、検索エンジンに登録や更新されたいページのURLをコピーして上部の欄に入れて、リターンボタンを押します。

次に、インデックス登録をリクエスト ボタンをクリックします。

これでGoogleはなるべく早くこのページを登録や更新してくれるようになりました。

WordPress ワードプレスのことならなんでもご解決いたします。カスタマイズ、修正、復旧等お困りの際はワードプレス ドクターにお気軽にご相談ください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.