Follow Us:

ワードプレスの管理画面に適応するスタイルシートを読み込む方法

今回はワードプレスのプラグインや、テーマのFunctions.phpに記載してワードプレスの管理画面に適応するスタイルシートを書く方法を解説いたします。

ワードプレスの管理画面でのみ出力されるStyleを記載する

ワードプレスの管理画面のヘッダーに出力されるコードをフックするアクションadmin_headを利用することでスタイルをワードプレスの管理画面で読み込むようにすることが可能です。
下記のようなコードをプラグインのPHPファイルや、テーマのFunctions.phpに書き込みます。
 

function admin_custom_style() {

echo
'<style>
/*ここにスタイルを記載します*/
</style>';

}
add_action('admin_head', 'admin_custom_style');

特定のページでのみ上記のスタイルを出力するようにする

add_action(‘admin_headの後に下記のように、ワードプレスの管理画面で表示されているURLからPHPプログラムの名称を付け加えますと、そのページでのみスタイルが出力されるようにすることも可能です。

function admin_custom_style() {

echo
'<style>
/*ここにスタイルを記載します*/
</style>';

}
add_action('admin_head-post-new.php', 'admin_custom_style');
add_action('admin_head-post.php', 'admin_custom_style');

add_action(‘admin_head-post-new.php‘, ‘admin_custom_style’);
add_action(‘admin_head-post.php‘, ‘admin_custom_style’);
太文字の部分が追加された部分になります。この例では、新規投稿画面と、投稿編集画面のみ記載したスタイルが利用されるようになるコードとなっております。

WordPress ワードプレスのカスタマイズ、プラグインやテーマ開発のご依頼はワードプレスドクターまでお気軽にご相談ください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.