Follow Us:

ワードプレスでカテゴリーやタグページを検索エンジンに載せない方法

  •  更新日:

ワードプレスでカテゴリーページやタグページが検索エンジン上位に来てしまう場合は、このカテゴリーページやタグページを検索エンジンが拾わないようにすることが可能です。


ワードプレスでカテゴリーページを検索エンジンが拾わないようにするには?

テーマに含まれるFunctions.phpに下記のように記載されてください。

add_action( 'wp_head', 'noindex_for_category' );
function noindex_for_category() {
  if( is_category() ) { 
    echo '<meta name="robots" content="noindex,follow" />';
  }
}

ちなみにis_category()を

is_category(array(1,2))

のように書き換えるとカテゴリーID1と2を検索エンジンにひっからないようにすることが可能です。

is_category(array('スラッグ1','スラッグ2'))

のようにスラッグで指定しても大丈夫です。

ワードプレスでタグページを検索エンジンが拾わないようにするには?

タグページを検索エンジンにひかからないようにするコードは下記になります。

add_action( 'wp_head', 'noindex_for_tag' );
function noindex_for_tag() {
  if( is_tag() ) { 
    echo '<meta name="robots" content="noindex,follow" />';
  }
}

こちらもis_tag()を

is_tag(array(1,2))

のように書き換えるとタグID1と2を検索エンジンにひっからないようにすることが可能です。

コードの解説

このコードは、wp_headに任意のHTMLを挟み込むための処理となっていて、
'<meta name="robots" content="noindex,follow" />
の部分でnoindex=検索エンジンに登録しない、follow=リンクはたどっても良い という指示を検索エンジンに与えるものです。
検索エンジンがカテゴリーページやタグページをクロールした際にこれらの指示を読み取って行ってくれるようになります。

WordPress ワードプレスのテーマのカスタマイズ、SEO最適化作業はワードプレスドクターにお気軽にご相談・ご依頼くださいませ


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.