Follow Us:

ワードプレスの投稿やコメントの日付・時間を表示しない(消す)方法

ワードプレスの投稿日時やコメント日時は、サイトによっては重要でない情報となり、非表示にされたい場合もあるかと存じます。この表示を消す方法を解説いたします。

※ご注意 テーマによってはプログラム方法やスタイルシートの指定方法が違い、効かない場合もございます

1 ワードプレスの投稿(記事)の投稿日時を消す

方法① 管理画面の日付設定を消す

ワードプレスにログインの上、時間と日付のフォーマットを カスタム にし、右のボックスを空っぽにすることで日付と時間を表示しないようにすることが可能です。

方法② スタイルシートで日付表示を消す

ワードプレスの管理画面、外観>カスタマイズ(カスタマイザー) より最下部にある追加CSSを押し、投稿の日時表示している要素を非表示にするスタイルを書き込みます。

追加するCSS例1

.entry-meta .entry-date.published {
    display: none;
}

効かない場合は下記もお試しください

.entry-meta .entry-date {
    display: none;
}
.entry-meta {
    display: none;
}

上記でも効かない場合はテーマの日付や時間を表示している要素をブラウザーで右クリックして、クラス名を調べてそちらを非表示にする(display: none) を追加する必要があります。

2 ワードプレスのコメントの投稿日時を消す

ワードプレスのテーマのFunctions.phpの最下部に下記のコードを追加することでコメントの投稿日時を非表示にします。

function wpcustom_remove_comment_date($date, $d, $comment) { 
    return;
}
add_filter( 'get_comment_date', 'wpcustom_remove_comment_date', 10, 3);
function wpcustom_remove_comment_time($date, $d, $comment) { 
    return;
}
add_filter( 'get_comment_time', 'wpcustom_remove_comment_time', 10, 3);

このコードはコメントの投稿日と時間を出力するワードプレスの処理に割り込んで、何も出力しないで処理を終わるようにするものです。

WordPress ワードプレスのテーマのカスタマイズのご相談ご依頼はお気軽にワードプレスドクターまでお送りください

 ワードプレスについて学んでプロに好きなだけ質問できるオンラインサロンはこちら

関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.