Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:ワードプレスの管理画面の不具合を修正

ワードプレスの管理画面に突然不具合が出て、記事の更新や、変更ができなくなったり、テーマやプラグインの変更追加ができなくなった場合ワードプレスドクターが復旧いたします。

経験豊かな技術者が管理画面のエラーの原因調査と復旧

ワードプレスドクターではピンポイントで、管理画面の様々な不具合を、経験豊かな技術者が修正いたします。

ワードプレスドクターで復旧したご相談の例

画面左側の管理メニューに表示されていた「施工事例」の表示が消えてしまって、施工事例の編集ができない。上に表示されるメニューの「+」から新規の施工事例を追加することは可能。

プラグインたテーマの更新後
Internal Server Errorになった。
エラーメッセージを見たところ
Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function get_allowed_block_template_part_areas
となり管理画面が使用できない

フロントページの編集を開くと以下のメッセージが表示され、編集できなくなりました。
他の固定ページは編集できる状態です。またサイトは表示されています。
「このサイトで重大なエラーが発生しました。対応手順については、サイト管理者のメール受信ボックスを確認してください。」
1月からフロントページの編集は行っておらず、不具合は本日からです。
よろしくお願いたします。

突然、ワードプレスのログインができなくなりました。
https://*****/login_53647890
弊社、*****の締め切りが明後日になっており、緊急で大変急いでおります。復旧にかかる料金をお支払いしますので、至急ご対応お願いしたいです。ご返信お待ちしております。

サイトに、新たに外部で作成したページを追加しようとしました。
その際、同時に、プラグイン等の更新を行ったところ
サイト、管理画面(ダッシュボード)ともにデータベース接続確立エラーの表示になりました。
このためレンタルサーバー(エクスサーバー)のサポートに問いあわせたところ、「利用しているデータベースバージョンのパスワードのハッシュ形式が古いため変更後のPHPバージョンがサポートしていないことに起因している可能性がある旨推測され、処置として「PHPバージョンを元々のバージョンに戻す」と指示されました。
これを行った結果、5.1.6では
Warning: require(__DIR__/wp-blog-header.php) [function.require]: failed to open stream: No such file or directory in /home/****/public_html/index.php on line 17
Fatal error: require() [function.require]: Failed opening required ‘__DIR__/wp-blog-header.php’ (include_path=’.:/opt/php-5.1.6/data/pear:/opt/php-5.1.6/data/php’) in /home/****/public_html/index.php on line 17
5.5.38では
Your server is running PHP version 5.5.38 but WordPress 5.9.2 requires at least 5.6.20.
とサイトに表示され、やはりエラー解消にはなりませんでした。

現在、ブログで無料テーマの****を使用しているのですが、管理画面から最新バージョンへ更新できずにいます。
ワードプレス内で自動更新を行うと、
更新失敗: ダウンロードに失敗しました。 cURL error 60: SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate
というエラーメッセージが出てしまい更新ができない状態です。
「SSL暗号化通信用の証明書が古い」という原因らしきことは分かったのですが、サーバー内をどうすれば良いのかが調べてもよく分からず、ご相談させていただきました。

WordPressのアップデートを試みました。
途中でエラー終了し、
サイトが表示できない状態になってしまいました。
リカバリーすることはできないのでしょうか?
ー---
Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function get_allowed_block_template_part_areas

他多数

サイトの安全性を確保しつつ原因調査と復旧、作業後に再発防止に努めます

ワードプレスドクターでは、こういったサイトのエラーの修正を行い、サイトや管理画面の復旧を数多く手がけてきました。99%以上の確率で経験豊かな技術者が管理画面の問題を修正することが可能です。

ワードプレスドクターでは、サイトの復元を行う前に修正部分のバックアップ等の取得を行い、当社修正部分を元に戻せるようにし、問題の悪化を防ぎます。

また、修正・復旧後は、お客様に丁寧に原因と復旧方法をお知らせし、再発防止に役立てることができるよう技術者よりアドバイスを差し上げております。

WordPress ワードプレスの管理画面の不具合の修正・復旧のご依頼・ご相談はお気軽にワードプレスドクターまでお送りください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.