Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:非ワードプレスサイトの膨大なデータをワードプレスサイトに加工しインポート

国際的なアートの展覧会の画像や、作者、賞等のデータを非ワードプレスサイトから、ワードプレスサイトへ移行しギャラリーサイトを制作するご依頼を頂きましたので、その事例をご紹介いたします。

お客様のご相談内容

お客様のご相談内容は下記の通りでした。

・国際的なアート展の過去20年分のデータをHTMLサイトの旧サイトから、リニューアルしたワードプレスに移行したい

・データには、画像、作者名、年齢、賞、作者の地域 等のデータがあり、すべてをワードプレスに取り込みたい

・ワードプレス側にそのアートのギャラリーを制作したい

・データの数は数千点あり、手作業で移行を行うと数カ月と膨大なコストがかかる為、1カ月ほどでデータを移行する方法はないか?

・作品データはXMLデータでも提供可能

とのことでした。

ワードプレスに、大量の別のデータ方式をプログラムを組んでインポート

こちらのお客様の、オンラインギャラリーのデータは、非ワードプレスサイトで公開されているものを拝見すると、すべてが共通のフォーマットで作成されており、ある程度、データもそろっていたため、ワードプレスサイトにプログラム経由で自動インポートすることが可能でした。

手順は下記となります。

1 リニューアルした新ワードプレス側にギャラリー用のカスタム投稿、カスタムフィールド付きのデータ受け取り側の、いわばデータの器のようなものを作成します。

2 旧サイトのギャラリーのデータを、次から次に自動で吸い出す、スクレイププログラムを制作します。

3 2で取得したデータを、ワードプレスにインポートするデータにプログラムで変換できるようにします。

4 3のデータをワードプレスにプログラム経由で登録するプログラムを作成します。

5 2~3をプログラムを実行してデータを人手を介さずに移行していきます。

6 上記インポートしたデータをギャラリーのテーマに表示するようにします。

ワードプレスはデータを処理する非常に多くの組み込み関数がございます。

ワードプレスの投稿の追加や、画像の追加、カスタムデータの登録はほとんどが、フルスクラッチのデータのインポート用のPHPプログラムを作成する必要はあるものの、ワードプレスの組み込み関数で自動化することが可能です。

ワードプレスドクターで、データの移行をこのように効率化・自動化した結果、工数が最悪3,4カ月、またコストが数百万円かかると見込まれていたところ、わずか3週間の工数、料金も40万円前後でかつ正確にデータ移行を完了させていただくことができました。

WordPress ワードプレスのデータ処理関連のご依頼・ご相談はワードプレスドクターまでお気軽にお送りください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.