Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:Fatal error: Uncaught Error:の修正

ワードプレスドクターでは、ワードプレスとPHPプログラムの専門家がFatal error: Uncaught Error:の修正、エラーに起因するサイトの表示不全等をご解決いたします。


Fatal error: Uncaught Error: とは?

ワードプレスサイトが、突然Fatal error ~~と表示されて、サイト全体が表示され無くなったり、サイトの途中から内容が途切れてしまったり、レイアウトが大きく崩れるなどの症状が出る場合があります。

この際にFatal error: Uncaught Error: …と表示される場合、それはワードプレスができているプログラミング言語であるPHPプログラムのどこかに、実行を継続できない大きなエラーが起こったという事になります。
(サーバーによっては何も表示されず真っ白になる場合もあります)

この原因は様々ですが、下記のような原因である場合が多いです。

・サーバーのメモリが足りなくなるメモリエラー
・PHPプログラムが、サーバーのPHPバージョンに対して新しすぎるまたは古すぎることによる、使用できない処理が実行された
・PHPプログラムの記載ミスによる矛盾が発生、もしくは無限ループの発生
・HTACCESSに記載されたサーバー設定のエラー
・その他、読み込みエラー(ファイルが存在しない、もしくはファイルの読み込み権限のエラー)

PHPとワードプレスの専門家がFatal errorを迅速にご解決いたします

ワードプレスドクターでは経験豊かな、ワードプレスとPHPの専門家がFatal errorのトラブルにご対応し、迅速に問題を修正・ご解決し、サイトの表示を復旧いたします。

サイトの修正は、修正部分のバックアップを取り、場合によっては当社のローカル環境にテストサイトを作成の上、安全に問題の原因の調査と修正を行い、99%以上の解決率でこれまで数百件以上のサイトのFatal errorによる表示不全等をご解決してまいりました。

また作業後に、可能な限りその原因と修正箇所等の情報をお客様にお伝えし、再発防止に役立つよう技術者からアドバイス差し上げます。

WordPress ワードプレスのFatal errorの原因調査と修正、サイトの表示不全の解消のご依頼・ご相談はワードプレスドクターまでお気軽にお送りください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.