Follow Us:

WordPress 復旧の依頼事例:プラグインエラーやログインできないなどの部分復旧

  •  更新日:

architect-254579_640

ワードプレスドクターでは、ワードプレス本体やプラグインの更新によって、または原因が分からないまま部分的にエラーや不具合が出たときの復旧・修正のご依頼をお安く承ります。最短数時間でのスピード対応可能です。

Fatal error: require_once()が投稿や様々なページに表示される、管理画面が正しく動作しない

この場合、原因の多くはワードプレスの更新の不正です。管理画面が正しく動作しない場合、多くのファイルでアップデートが何らかの原因で失敗している可能性があり、最悪の場合投稿を無理矢理行うと過去の投稿が消えてしまうなどのデータベースが壊れる可能性もございます。ワードプレスドクターでは、更新の不全を丁寧に復旧し、サイトのエラーが出ないようにするとともに、管理画面の動作不良を修正します。 復旧時間 数時間〜

サイト内のリンク切れ

カスタム投稿や、SEO系のプラグイン、パーマリンクを使用してカスタムリンクを変更している場合、それらのプラグインがアップデートや何らかの設定ミスをしてしまうと、サイト内で大量のリンク切れが発生する事があります。この状態は、Googleのインデックスも削除されてしまうため、SEO上も大きな損害があります。ワードプレスドクターではできるだけ早くこれらのリンク切れの原因をつきとめ状況の普及、または301リダイレクト処理の追加などにより損害を最小限に食い止める試作を行います。 復旧時間 12時間〜

TinyMCE Advancedなどで投稿画面が不具合やエラーを起こす

TinyMCE Advancedなどで投稿画面をカスタマイズしている場合、突然今まで使えていた機能が使えなくなるなどの不具合がおこる事がございます。例えばリンクをつけるための画面が真っ白になるなどです。この場合もやはり、プラグインとワードプレス本体のバージョンが合っていないためのコンフリクトが原因と考えられます。 復旧時間 6時間〜

バージョンアップ後レイアウト崩れ

21099636_d127cfc9edバージョンアップ後レイアウト崩れの原因の多くは、jQueryというjavascriptのプログラムがワードプレス内のバージョンアップで置き換わり、今までテーマで使っていた関数などが使えなくなるからです。この場合もワードプレスドクターで対応可能です。jQueryのバージョン違いを吸収するコードを追加する、テーマファイルを一部新しいコードに編集する等の処置を行い、過去の表示と全く同じレイアウトを復活させます。 復旧時間 数時間〜

モバイルサイトが表示されなくなった

サイトが突然モバイルバージョンが表示されなくなった、またはモバイルバージョンしか表示されなくなったというご依頼も対応可能です。この原因はワードプレスの表示をユーザーエージェントによって、切り替えるプラグインやテーマのプログラムの不正によっておこる事があります。 復旧時間 12時間〜

プラグインエラーやログインできないなどのwardpressの部分復旧はワードプレスドクターにご依頼ください。私たちの


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.