Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:ワードプレスのアップデートに伴うテーマの表示不全の修正

  •  更新日:

ワードプレスのテーマが最新のワードプレスと相性が悪く、アップデートにより表示に不具合が出ることがございます。ワードプレスドクターではこういった表示不全の原因調査と修正を行いますことが可能です。


クライアント様の状況

ワードプレスやプラグインPHPのバージョンをセキュリティー上の観点から、アップデートしたら、テーマのデザインやレイアウトが大きく崩れてしまったため、現状別のよく似たテーマに切り替えているが、最新のワードプレスやプラグインのバージョンのまま、過去のテーマをレイアウトや機能は同じ状態で利用できるようにしたい。

とのことでした。

ワードプレスやプラグイン、PHPの更新によってテーマの表示が崩れる原因

ワードプレスやプラグインはバージョンアップごとに、関数が少しずつ改良されており、廃止される事も稀にございます。

プラグインに関しても同じで、GPLという誰でもコードをいじったり見ることができるライセンスで作成され、制作の内容は完全にその作成者にゆだねられているため、どのような形でアップデートするのも自由です。

このため、テーマがその当時使用していたプログラムコード上の処理が使用できなくなっていたり、使用方法が変わっていたりする場合エラーが出たり、表示部分の一部処理が止まってしまったりするため、表示不全や機能不全が起こる場合がございます。

PHPはバージョン7.2以降大きく変わっています

ワードプレスを動作させているプログラム言語はPHPと言い、この言語にもバージョンがあります。

ワードプレスの最新バージョンは現在PHP5.6以上でないと動かなくなっており、プラグインの一部ではPHP7以上でないと動作しないものも増えてきております。

その為PHP7以上にアップデートしなければ、ワードプレスやプラグインをアップデートできないという状況になってきていますので、PHPのバージョンアップに伴い、テーマで使用されている古いプログラムの書き方がエラーを出すこともございます。

PHP ~8まで様々な環境で当社技術者が問題の調査と修正

ワードプレスドクターではPHP4~PHP8まで様々なPHP環境を、仮想環境として各技術者が利用できるように開発環境を構築しており、テーマがどのようなエラーを出しているかを環境を切り替えながら経験豊かな技術者が調査の上、修正いたしますことが可能です。

修正したファイルは、動作確認の上本番環境に適応しますので、サイトがまた表示不全に陥ることなく、ダウンタイムを極力出さないように安全に作業を行うことが可能です。

WordPress ワードプレスの本体やプラグインのアップデートにともなくテーマの表示不全の調査と修正のご相談・ご依頼はワードプレスドクターにお気軽にお送りください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.