Follow Us:

WordPress(ワードプレス)のサイトに全くアクセスがない時にはじめにする事3つ

  •  更新日:

ワードプレスでサイトを作ったのにまったくアクセスがない時に、主に検索エンジンの対策として最初に行う事を解説いたします。

customer-563967_640

なぜ誰もサイトに訪ねてくれないのか?

ウェブサイトに誰かが訪ねてくれる経路は、大きく分けて5つあります。

1.検索エンジンから来訪 
2.どこかのサイトに貼られたリンクから来訪 
3.FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアから来訪 
4.メールに含まれるリンクから来訪
5.広告から来訪

おそらく、2〜5は始めたばかりのサイトではお金をかけずに実現するのは難しいでしょう。また1番のトラフィック獲得も、サイトのSEO対策を経て時間をかけてゆっくり育てていくものです。ゆえにサイトを作っても最初はアクセスが全くない状態となっても特に不安になる必要はありません。

①検索エンジンにあなたのサイトを認識(インデックス化)してもらいましょう

まず、検索エンジンがあなたのサイトを全く認知(インデックス化)していない場合検索エンジンは、検索結果にあなたのサイトのページを表示するる事ができません。ゆえに検索エンジンにあなたのサイトを読み込ませないといけないのです。方法はGoogleであれば、Search consoleというツールを使用して、サイトのすべてのページのURLをリストにしたもの=サイトマップというファイルを送信する事によってインデックス化してもらう事ができます。ワードプレスではこのサイトマップを自動で作成してくれるプラグインが無料で配布されています。

②あなたのサイトに、顧客がアクセスするときにどんな検索をするか考えましょう

post-it-note-699199_640さて、あなたのサイトに訪ねてくるユーザーはどんな検索語句を使用するでしょうか?その検索語句を考える事からサイトのSEO対策は始まります。またその検索語句の検索数を調べて狙うキーワードのリストを作ります。一般的には検索数の多いキーワードはより難易度が高く、上位に表示される事は難しくなりますので、検索数が多いものから少ないものまでを、まんべんなく(初期には検索数が少ないものをより多く)考えてリスト化しておきましょう。50〜100程度あれば十分です。検索数はGoogleのキーワードプランナーというツールで簡単に調べる事ができます。

③最もお客さんに訪ねてほしいキーワードから順に強いタグにキーワードをホームページに入れていきましょう

Googleが最も強く認識するキーワードのタグの順番は一般的には下記のようになります。

1位 ドメイン名
2位 タイトルタグ
3位 h1タグ
4位 h2タグ
5位 h3〜h6タグ
6位 strongタグ
7位 メタデスクリプション、pタグ

これらのタグに、あなたのサイトにお客さんが訪ねてきて最も役に立つ(満足させる事ができる)キーワードの順にキーワードをちりばめていきます。
これで、最初期のユーザーが様々なキーワードで訪ねてきてくれるようになるかと思います。

さらにアクセスを増やすにはこちらの記事「wordpress の seoパワーを10倍にする20の対策」をご覧ください

WordPress(ワードプレス)に全くアクセスがない時はワードプレスドクターでご相談ください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.