Follow Us:

WordPress(ワードプレス)のサイトを丸ごとssl (https)化してセキュリティーとSEO向上

  •  更新日:

ホームページをssl(https化)すると、例えばあらゆる会員制のサイトでは会員様の情報を守るための強力なセキュリティー対策となります。またワードプレスサイトの管理者のログインIDやパスワードの漏洩も(特定の経路で)防ぐ事ができますので大規模なアクセスのあるサイト様では導入された方が良いと考えます。
さらに、httpsで始まるURLは検索エンジンが優遇するようになる(またはもう既になっている)といわれておりSEO上も有用です。

2000px-Public-Key-Infrastructure.svg

ssl(https)とは?

Internet2インターネットの情報は、様々なサーバーと呼ばれる世界中でつながっているコンピューター間を流れてエンドユーザーに届けられます。サイトの情報だけでなくIDやパスワードの情報も実は仲介者によってコンピューター間を流れています。sslとは簡単にいえばこの情報の仲介者にどのようなデータが送られているか暗号化して見えなくする技術です。
つまりサイトをssl(https化)すると、どのような情報をエンドユーザーが送・受信したかはエンドユーザー本人とあなたのサイトがあるサーバーでしかわからなくなるのです。

ssl証明書を安く手に入れる

サイトをsslで通信できるようにするには、まずssl証明書というのを手に入れなければいけません。ssl証明書とは、あなたのサイトが正しくセキュアな通信をしているかを所有者の証明とともに第三者が保証したファイルです。
一般的にssl証明書は高額なイメージがありますが、実は海外のサービスでは年間1000円以下で取得できます。ワードプレスドクターではssl証明書を安価に手に入れて御社のサーバーにインストールさせていただきます事も可能です。

ssl証明書をサーバーに導入

sslをサーバーに導入するのは多少難易度が高い作業となります。それぞれのサーバー管理会社で方法は違いますが、ここでは大まかな証明書インストールの手順を解説いたします。

・ご契約サーバー上でのCSRを作成(これがあなたがサーバーの所有者であることと暗号化のための鍵が含まれている書類です)
・CSRを認証局に提出し、中間証明書と証明書本体を手に入れます(ここであなたの鍵と第三者機関とのひも付けが行われます)
・最後に中間証明書と証明書本体をご契約サーバー上にインストールします

sakuraインターネットをご利用の場合こちらのページより詳細をご確認頂けます。

ワードプレスのホームページをsslページへリダイレクトする

301-redirect最後にワードプレス全体をssl化するために、ワードプレス側で行う設定について解説いたします。まず、設定→一般 よりサイトアドレスをすべてhttpsとしましょう。
また、Really simple sslなどのプラグインを導入してユーザーがhttp経由でアクセスしたときにすべてのページでhttpsのページにリダイレクトさせます。

こちらの作業はすべて私たちで代行できます。Wordpress(ワードプレス)のサイトを丸ごとssl https化するには私たちにご依頼ください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.