Follow Us:

WordPress(ワードプレス)のエラー修正のご依頼はワードプレスドクターが承ります

  •  更新日:

ワードプレスは、CMSのため誰でもHTMLの知識無しに更新やページの追加は簡単にできます。また、多数の無料のプラグインやテーマで好きなように機能を追加したりデザインを切り替える事ができます。世界中のサイトの25%がワードプレスでできているというのは簡単に更新ができる事とと、この高度な拡張性やカスタマイズ性に理由があるのです。

wordpress-maintenance

一度エラーが出ると修正には専門知識が必要になる事がございます

しかし、ワードプレスやプラグインの更新、テーマの編集等によって一度エラーが出たり、真っ白になってしまったらその修正はHTMLやJavascript、、データベース、PHP等のプログラミング知識まで必要な場合があります。
ワードプレスドクターでは企業や個人事業主の方の生命線であるウェブサイトの復旧やエラー修正をプログラミングやデータベースのような根本的な部分から理解している技術者が取り組ませていただきます。この事により、非常に短期間で確実にサイトを復旧し、御社の顧客への信頼を失わせないようにお力になる事が可能です。

サイトが長期間ダウンすると様々な潜在的なサイトの資産まで失われます

サイトが長期間ダウンすると、その期間のユーザーのアクセス不能や離脱だけでなく、Googleのインデックスから一旦削除されてしまうという損害も受けてしまいます。Googleはサイトをクロールしたときにそのページにアクセスできない時、検索順位から削除してしまいます。この場合、サイトが復旧して全てのページをもう一度Googleがインデックスし直し、検索順位が完全に復旧するまでは数ヶ月かかることもあります。

*こちらはサイトがダウンしてIndexから削除されてしまったクライアント様の例です
sitedown

サイトがダウンしないように予防しましょう

例えば下記のような状態にあるサイト様は、特にサイトのダウンを防ぐように先んじて対策をされる事をお勧めいたします

・アクセス過多で503エラーが頻発するようになった
アクセス過多が続くと、サーバー会社が強制的にサイトを停止する事があります。キャッシュ系のプラグインやCDNの導入、より根本的な問題解決にはサーバー移動が必要な場合もあります。

・ワードプレスのバージョンが3系列
ワードプレスが3系列のままでアップデートされていない状態ですと、ある日突然改ざん被害をうけマルウェアに感染し最悪の場合サーバー会社に強制的にサイトを停止する事もあります。また、マルウェアにサイトが感染すると、Googleの検索結果に下記のように表示されて、アクセスが低下する事もあります。
unnamed

ワードプレスドクターのURLからサイトセキュリティーを診断できるスキャナはこちらから

サイトがダウンしたら早めに復旧しましょう

一度サイトがエラー等でダウンしてしまったらGoogleがクロールしてサイトのページが無い事を発見してどんどんインデックスから削除してしまうため、早めに復旧される事が重要です。ワードプレスドクターでは48時間以内にサイトを復旧した事例が多数あります。お問い合わせは24時間受付、サイト復旧のお客様はできるだけ優先的に作業しております。

WordPress(ワードプレス)のエラー修正のご依頼はワードプレスドクターが承ります


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.