Follow Us:

ワードプレス(WordPress)でwarningやstrict standard、noticeエラーが突然表示されるようになったときの対処方法

  •  更新日:

ワードプレス(Wordpress)でwarningやnoticeエラーが突然多数のページに表示されたり、管理画面等に表示されるようになったときの簡単な対処方法をお伝えいたします。

require-error-php

warningやstrict standardやnoticeエラーとは?

ワードプレスはPHPというプログラム言語で書かれているシステムです。このPHPが様々な理由で表示するプログラムの実行に支障がないが、もしかしたら実行時エラー(致命的なエラーでプログラムが実行できなくなる)を誘発するかもしれない警告がwarningやstrict standard、noticeエラーです。そのエラーを誘発する可能性の危険度は下記のように分類されます

warning > standard strict = notice

本来は、これらのエラーは、一つずつ潰していって一つも表示されないようにプログラムを修正する事が正しい方法ですが、それにはPHPのプログラミング知識が必要ですのでハードルが高くなります。
ゆえに、ここではこれらのエラーをとりあえず表示させなくする方法を解説いたします。

warningやstrict standardやnoticeエラーを隠す(非表示にする)

これらのエラーを表示させなくする方法はとても簡単です。2つの方法を解説いたします

wp-config.phpを編集する方法

ワードプレスのインストールフォルダのwp-config.phpを開き、最初の行(<?php と書いてある所のすぐ後)に下記のコードをコピペして保存し、アップロードします。

ini_set('display_errors',0);
error_reporting(0);

また、もしwp-config.phpの define( ‘WP_DEBUG’, false ); のfalseの部分がtrueになっている場合はfalseに変更します。

.htaccessを編集する方法

ワードプレスのインストールディレクトリにある.htaccessファイルに下記のコードを記載します

php_value display_errors Off

WordPress(ワードプレス)でエラーが出たときのご相談・ご解決のご依頼はワードプレスドクターまでご遠慮なくお伝えください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.