Follow Us:

wordpress org と comはどう違うの?二つのサイトの違いを解説します

  •  更新日:

ワードプレスには、2種類のサイトがありますね。wordpress.comwordpress.orgです。なぜ二つあるのでしょうか?

Wordpress

一般的にワードプレスというとwordpress.orgの方のダウンロードしてサーバーに導入する無償のプログラムのことを指します。今回はwordpress.comについて解説し利用した方がよいのかどうか考えていきたく思います。

WordPress.comとは?ワードプレスとの違い

WordPress.comは、非常に簡単に言うと特定の企業が運営するブログのホスティングサービスです。もちろん、システムはワードプレスで構築されており、本家ワードプレスのマルチサイトという仕組みで作られているサイトです。ライブドアブログや楽天ブログみたいなサービスだと考えられてよいかと思います。
代表的な違いは下記のようなものとなっています。

インストール作業が必要なく、無料で利用できる
wordpress.comではワードプレスがすでにサーバーにインストールされていますので、新たにインストールする必要はありません。また、無料で利用できます。3GBまで容量が利用できます。

サブドメインでの利用
有料バージョンを使えば、オリジナルドメインが使えますが、無償のものはサブドメインでの利用となりますのでSEO的には不利になるかと思います。

プラグインがインストールできず、テンプレートは制限された個数しか使えない
ワードプレスの重要な機能である、プラグインが利用できないのは痛いところです。テンプレートはプロが選んだ非常に動作の安定しているものが利用できますのでこの点は安心して利用できるところです。ただ、CSSをちょっといじったり、レイアウトのデザインを少々変更するなどの小回りの利く変更ができません。

投稿画面のUIがかなり違います
wordpress.comの投稿画面は、本家ワードプレスの投稿画面に比べてかなりの違いがあります。
post-screen
↓ワードプレスの本来の投稿画面
新規投稿を追加 ‹ ワードプレスの修正・カスタマイズ・復旧のご依頼はWordpress Doctorへ   Blog — WordPress
wordpress.comは記事の投稿が即座に簡単にできるように配慮されており、機能がかなり削られて表示されるほか、管理画面のメニューの構造も本家ワードプレスとはかなり違います

Adsenceが利用できない
サブドメインでの利用となるため、Google Adsenceが利用できません。こちらもアフェリエイトを始めようとしている方にはつらいところですね。

バックアップやセキュリティーを気にせずに済む
wordpress.comでは自動で最新のワードプレスにアップデートされるため、サイトの改ざん被害などのセキュリティーを気にする必要がほとんどありません。またサイトが自動でバックアップされるため、サーバーが何らかの障害が起こっても復旧できる見込みが高いそうです。

WordPress.comを利用した方がよいかどうかのまとめ

残念ながら、ワードプレスドクターでは現在のサービス内容ではWordpress.comを利用する利点はあまりないのではないかと考えています。
ワードプレスの拡張性や、SEOの優位性が失われてしまうからです。また練習として利用してみるのも、あまりに本家WordpressとUIが違うためおすすめができない状況かと思います。
ただ、個人の日記サイトや、趣味の写真集のサイト等は初めから良いテンプレートが使用できますので手軽に趣味的なサイトを作ってみるのにはとても良いサイトです。
海外のおしゃれなデザインのテンプレートが自分で探す必要がなく、すぐに利用できるようになっています。

WordPress Themes ‹ f clone — WordPress.com

WordPress(ワードプレス)のサーバー契約、ドメイン取得、ワードプレスのインストール、SSH化、セキュリティー向上、SEO最適なカテゴリーのご提案まで弊社がすべて代行いたします。お気軽にお問い合わせください。


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.