Follow Us:

WordPress ワードプレスのトップページ (フロントページ)を編集、修正する方法は?

  •  更新日:

今回はワードプレスのトップページ (フロントページ、ホームページというのが本来の正式名称です)を編集または修正する方法をご紹介します。ただ、ワードプレスのトップページは、テーマや制作会社の制作方法によっては編集が難しい場所にあったりしますので、まずトップページがどこにあるのか探す方法から解説いたします。

amusement-2456905_1280

WordPressのトップページはどこにある?

ワードプレスのトップページは、自由に選べるため編集するにはそのページがどこにあるのかをまず探す必要がございます。
管理画面→設定→表示設定をクリックし、上部のフロントページで選択されているページを確認します。
表示設定 ‹ ワードプレスの移行・修正・カスタマイズ・復旧のご依頼はWordpress Doctorへ   Blog — WordPress

フロントページに固定ページが選択されている場合

この場合、トップページの本体のレイアウトが固定ページのどれかということになります。管理画面の固定ページ→固定ページ一覧よりそのページを見つけることができます。

最新の投稿が選択されている場合

最新の投稿というラジオボックスが指定されている場合、そのページの実態はワードプレスの中に編集できる形でなく、テンプレートの中に最新の投稿一覧を表示するためのファイルがあり、そのファイルで出力されています。ゆえにレイアウトやデザインを修正するにはテンプレートを直接編集する必要があります。

ワードプレスのフロントページを編集、修正する方法 1 フロントページに固定ページが選択されている場合

上のフロントページを探した結果固定ページが選択されていた場合、その固定ページの編集画面を開いてみましょう。普通の投稿と同じようにページが編集できるようになっているはずです。下記のスクリーンショットは、ページビルダーというプラグインでグラフィカルにトップページが修正できるようになっている事例です。
固定ページを編集 ‹ News — WordPress

このページの編集内容が何もない、または編集エディタ自体がない場合

この画面に行っても、編集内容が何も記載されていず、何かを書き込んで保存してもトップページの表示内容になにも変化が起こらない場合があります。この場合は、固定ページのテンプレートが直接テーマから指定されていて、そのファイルがそのまま表示されている場合が多いです。
どのテンプレートファイルが表示されているかは、ページの編集画面の右カラム「固定ページの属性」から確認できる場合があります。確認されましたら、フロントページ用のテンプレートを直接編集することでフロントページを修正できるようになります。
固定ページを編集 ‹ News — WordPress(1)
稀に、編集できる固定ページ自体が管理画面に出ていないクライアント様がいらっしゃいます。この場合、製作会社様によって固定ページが修正できないようにメニュー表示を消す処理がされています。この際には固定ページのメニューを戻すためのプログラミングが必要となりますが、一般的にはテンプレートのfunctions.phpというファイルにメニュー表示を消すプログラムが記載されています。

管理画面から固定ページの編集ができなくなるようにメニューから削除してしまうコードの例

function remove_menus(){
remove_menu_page( 'edit.php?post_type=page' );  
}
add_action( 'admin_menu', 'remove_menus' );

ワードプレスのフロントページを編集、修正する方法 2 テンプレートを直接編集する

もし、固定ページとしてフロントページが指定されていない場合や、指定されていても固定ページに編集内容がない場合は、テンプレートを直接編集する必要があります。
テンプレートの編集は、管理画面、外観→テーマの編集より行うことができます。
テーマの編集 ‹ News — WordPress(1)
現在表示中のテンプレートが編集するテーマとして選択されていることを確認しましょう。

フロントページに最新の投稿が選択されている場合のテンプレートファイル

最新の投稿がフロントページとして指定されている場合のテンプレートは、index.phpもしくは、content.phpというファイルである場合が多いです(任意で変えることが可能なためテーマによっては違うファイルの場合もあります)。このファイルで投稿リストと、単一投稿の表示を兼用で出力していることもあります。

コードの例

if ( is_single() ) {
//現在表示されているページが単一ページである場合の出力コード
} else {
//最新の投稿リストを出力するためのコード
}

上記のコード例ではelse文以下のところを修正すると、フロントページが修正されるようになります。

フロントページに独自のテンプレートファイルが指定されている場合

この場合、名称は任意ですのでどのファイルかは、テンプレートによってまちまちになってしまいます。「固定ページの属性」で確認されたテンプレート名と同一のファイルがないかどうか、テンプレートの右側のファイル群から探して一つ一つ確認しトップページ用の表示テンプレートを編集します。

テーマの編集 ‹ ワードプレスの移行・修正・カスタマイズ・復旧のご依頼はWordpress Doctorへ   Blog — WordPress

WordPress ワードプレスのテンプレート、トップページ (フロントページ)を編集、修正はワードプレスドクターにご依頼ください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.