Follow Us:

ワードプレスSEO対策: 記事の公開日や更新日(変更日時)を表示し検索エンジンに伝える方法

  •  更新日:

記事の公開日や、更新日を検索エンジンに認識させるのはSEO上も効果があると考えられています。更新日時を検索エンジンに認識させ、この数値を変化させるだけで記事を上にあげていたキュレーションメディアの例もあります(社会問題になってつぶれてしまいましたが、、、)。

ウェブマスターツール(サーチコンソール)にupdated項目がないというエラーが表示されていませんか?
これは、記事の更新日時を検索エンジンにちゃんと伝えて、投稿の鮮度を検索エンジンが認識できるようにしてくださいという意味です。今回は投稿日時と、更新日時を検索エンジンが認識できるようにするSEO施策をご紹介します。

digital-marketing-1725340_1280

公開日や更新日の表示がSEO上意味がある理由

検索エンジンは、その投稿の鮮度(新しい情報かどうか)もチェックしており、より新しくて優れた情報を上位に持ってこようとします。その更新日時情報を検索エンジンに認識させることはSEO上も有利になるといわれています。
日本 ワードプレス   Google 検索
せっかく記事を後から更新して情報をよりよくしたのであれば、検索エンジンにもそれを認識させたいですよね。
ワードプレスには標準関数で記事の更新日時を表示するコードがありますので非常に簡単にこの機能を実装することができます。

テーマの編集により、タイトルの手前に公開日や更新日を表示する方法

管理画面>外観>テーマの編集 をクリックし、右メニューよりsingle.php(投稿の表示をすべて担うテーマファイルです)をクリックします。
このファイルのどこかに、タイトルを出力しているコードget_the_titleもしくはthe_titleのようなコードがあるかと存じます。この部分の<h1>タグの手前に任意のコードを追加すると、投稿のタイトル前に表示を追加することができます。

下記の公開日時、更新日時表示コードをコピペして追加されてください。このコードは検索エンジンも正しく認識します。

公開日:
<time class="entry-date published" datetime="<?php the_time('Y/m/d'); ?>">
     <?php the_time('Y/m/d'); ?>
</time>
更新日:
<time class="updated-date updated" datetime="<?php the_modified_date('Y/m/d'); ?>">
<?php the_modified_date('Y/m/d'); ?>
</time>

下記は更新がない場合は公開日のみを表示するバージョンです。

公開日:
<time class="entry-date published" datetime="<?php the_time('Y/m/d'); ?>">
<?php the_time('Y/m/d'); ?>
</time>
<?php if (get_the_modified_time('Y/m/d') != get_the_time('Y/m/d')) : ?>
更新日:
<time class="updated-date updated" datetime="<?php the_modified_date('Y/m/d'); ?>">
<?php the_modified_date('Y/m/d'); ?>
</time>
<?php endif; ?>

これで、タイトル前に検索エンジンがちゃんと認識できる投稿の公開日、更新日情報が挿入されます。
the_timeが投稿の公開日時を取得表示する関数、the_modified_dateが投稿の更新(変更)日時を取得表示するワードプレスの関数です。

※ご注意;変更の保存前に、編集したsingle.phpの内容をコピペしてエラーチェックを必ず行ってください。書き方が失敗していてエラーがあるとワードプレスが最悪表示できなくなってしまいます。

WordPressのSEO対策の施策導入のご依頼、コンサルなどのご相談はワードプレスドクターへお気軽にどうぞ


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.