Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:最短1日でご解決復旧、Fatal errorでのサイト表示不全

ワードプレスドクターでは、幅広い経験を通して、最短一日でFatal errorによるサイトの表示不全、500エラー、真っ白になったサイトの復旧を行います。


Fatal errorとは?

ワードプレスはPHPというプログラム言語でできています。このPHPのプログラム上で実行継続が困難になるほどの論理矛盾や、解釈できない文字列がプログラムファイルに存在するときにPHPはFatal errorを出力して処理を強制的に停止します。
Fatal errorは画面上に現れることもありますし、500レスポンスだけをブラウザに返す時もあります。この場合画面上には何も現れず突然真っ白にサイトがなったように見えてしまう状態になります。

ワードプレスドクターで復旧したFatal errorの例

ワードプレスドクターではワードプレスをよく理解しているプログラマが様々な経験を通し、サイトのFatal errorを高速に復旧、サイトの表示と管理画面へのログインと管理機能の復旧を行います。その成功率は99%以上です。
ワードプレスドクターでご解決したFatal errorの一例をご紹介します。

●Fatal error: require_once(): Failed opening required
→アップデートの不全などによるファイルの欠乏が原因となるエラーです
●Fatal error: allowed memory size exhausted
→PHPが実行できる環境のメモリ不足によるエラーです。アクセス過多やプラグインの不具合、稀にハッキングによってもおこります
●Fatal error: call to undefined function
→こちらもプラグインのアップデート不全によるファイルの欠乏によって発生することが多いです
●PHP Parse error: syntax error, unexpected T_VARIABLE
→テーマファイルの編集のミスによっておこることが多いです
●Fatal error: Call to undefined function wp()
→ワードプレス本体にファイルのエラーや欠乏、致命的な損傷が含まれます
●Cannot modify header information headers already sent by
→テーマファイルの編集のミスによってエラーが発生している可能性が高いです
●require() failed to open stream: No such file or directory in
→こちらもプラグインのアップデート不全によるファイルの欠乏によって発生することが多いです
●Fatal error: Cannot redeclare class
→本体とプラグインやテーマのバージョンの相性が悪い場合に発生することが多いです

その他にもワードプレスを表示不全に陥らせるFatal errorはたくさんあります。ワードプレスドクターでは豊富な経験を持つ技術者がサイトのエラーを調査し高速に安価にサイトを復旧いたします。アップデートや更新、テーマファイルの編集によってエラーが発生した際はワードプレスドクターにご相談ください。

Fatal errorでWordpress が表示されなくなったらワードプレスドクターに復旧のご依頼、ご相談ください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.