Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:PHPのバージョンアップとワードプレスやテーマの不具合修正

ワードプレスドクターではサーバーのPHPのバージョンを安全にアップデートしテーマやプラグインの修正も同時に行うご依頼を多数承っております。

PHPのバージョンアップが必要な理由

WPのダッシュボードに「あなたのサイトでは安全でないバージョンのPHPが実行されていますが、サポートされなくなりました。
PHPのバージョンを更新するか・・・」と表示されている場合、あなたのワードプレスがPHPというサーバー側のプログラム言語のバージョンが7.2以下であることを示します。

日々アップデートされるワードプレスやプラグインのプログラムは、どんどん新しいプログラミングを取り入れますのでそのうち、古いPHPバージョンですと動作不全を起こす可能性もございます。

どれぐらい古いPHPだとアップデートした方がよい?

下記がワードプレス本体のPHP対応バージョンの図となります。

2021年5月現在のワードプレスのバージョンは5.6ですので、PHP5.6でも動作することが保証されているのがわかります。
サーバーをPHP7.4にしておけば、2024年のワードプレス6.8までは動作することになります。

ワードプレスドクターでは、最低限PHP 7以上、可能であれば、PHP7.4までPHPバージョンをサーバーで上昇させることをお勧めいたします

PHPバージョンを上昇させるとワードプレスに不具合が出る可能性もございます

PHPバージョンを上げると、古いテーマやプラグインで過去つかえていたプログラム書き方がすでに使えなくなっていることがあります。
この場合、サイトが最悪表示不全を起こし、真っ白になってしまうこともあります。

ワードプレスドクターでは、御社サイトのバックアップした複製を弊社仮想環境(PHP5.3~PHP7.4までどのPHPバージョン環境もご対応可能)にインストールし、PHPバージョンを切り替えながら、不具合を調査修正したうえで、安全に本番環境でPHPバージョンのアップデートをさせていただきますことが可能です。

WordPress ワードプレスのPHPバージョンのアップデートのご依頼・ご相談はワードプレスドクターまでお気軽にお送りください

 ワードプレスについて学んでプロに好きなだけ質問できるオンラインサロンはこちら

関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.