Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:503エラー(HTTP 503 Service Unavailable)サーバーの負荷対策

  •  更新日:

503エラーは多くのサーバーで、サーバーの負荷が高い場合に処理が止まり、サイトの表示ができなくなってしまう問題です。ワードプレスドクターでは多数のお客様の503エラーの原因調査と修正を代行いたしてまいりました。


503エラー(HTTP 503 Service Unavailable)の原因と対策

サーバー管理会社の多くでは、一つのサーバーに複数のサイトがホストされていることから、特定の1サイトのみがサーバーのCPUに高負荷を与えている場合、リミッターがかかり503エラーで処理が停止されることがございます。

多くの場合、サーバー管理会社から高負荷であるコードの原因等がメールで送られてきますのでそちらをチェックいただくことをお勧めいたします。

ワードプレスにおける503エラーの主因は、サイトのアクセス過多ですが、下記のようなワードプレス側の対策によって多くの場合同一サーバー上で負荷を軽減・解決することが可能でございます。

・ワードプレス側でのキャッシュの利用
・データベースを高負荷にしている原因のデータの調査・削除・最適化
・高負荷のプラグインの調査と修正(または削除)
・高負荷のテーマのコードの調査と修正
・PHPバージョンの向上、サーバー側のキャッシュシステムの有効化(Xアクセラレーターなど)
・ワードプレスのTwitter等の埋め込みコードの削除または最適化

WordPress ワードプレスの503エラーの軽減・高負荷対策のご相談ご依頼はワードプレスドクターまでお気軽にお送りください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.