Follow Us:

ワードプレスドクター 依頼事例:XserverのワードプレスのHTTPS(SSL)化

XserverはHTTPSが無料で利用が可能です。ただ、単純にHTTPSをXserverで有効化しただけではワードプレスのサイトがHTTPS接続できるようになるわけではなく、いくつかの作業が必要となります。ワードプレスドクターでは多数のXserverでワードプレスを運営されているお客様のHTTPS化をご依頼いただき成功させています。


HTTPSの有効化のメリット

HTTPSとは、そのサイトの安全性を第三者機関が保証し、また暗号化したデータのやり取りをサーバーとブラウザの間で実装することによってセキュリティーの向上を行うための仕組みです。
HTTPSにサイトを変えることによりGoogleなどの検索エンジンから優遇されるといわれており、またブラウザーによっては昨今HTTPSでないサイトのフォームに警告を表示するものも多く、お問い合わせフォームや会員サイトのログインフォームなどでお客様が不安になってしまうのを防ぐことができます。
Xserverは月額課金や初期費用も無料なHTTPS(SSL)を独自ドメインで利用可能なシステムを提供しています。

参考
Xserverでの無料独自SSL設定

HTTPSをサイトに導入する際に必要な作業

HTTPS接続(SSL)がサーバーで有効になっている場合のワードプレスのHTTPS化に必要な作業は一般的に下記のようなものとなります。
ワードプレスドクターではこれらの作業をプロフェッショナルが安全に高速に行い、あなたのサイトを完全にHTTPS対応とし公開させていただきますことが可能です。

■1 ワードプレスのURLをhttpからhttpsに変更する
ワードプレスの管理画面の設定>一般 に設定されているワードプレスのURLをHTTPSに変更する必要があります

■2 HTTPからHTTPSにリダイレクトする
HTTPとHTTPSは基本的には別のサイトであると考えてください。このため、過去のHTTPのサイトと新たにHTTPS化したサイトが共存している(両方アクセスが可能な状態)となると同じ情報がウェブ上に2つ公開されていることになります。この状態は検索エンジンにとってサイトの評価を下げることにつながったり、ユーザーも混乱するため好ましい状態とは言えないかと存じます。
この状態を防ぐためにHTTPでアクセスされた場合に全てのページをHTTPSにリダイレクト(誘導)する必要があります。適切な方法でリダイレクトをすれば、検索エンジンがインデックスされている情報をHTTPSに自動的に変更してくれます。

■3 内部リンクをすべてHTTPSに書き換える
ワードプレスの投稿やメニューに含まれているHTTPの内部リンクを全てHTTPS対応に書き換える必要があります

■4 混在コンテンツを排除する

混在コンテンツとは1つのページにHTTPのコンテンツと、HTTPSのコンテンツが混在している状態を指します。このような状態になっているとブラウザーによっては警告を表示したり、HTTPのコンテンツを読み込まずに画像が表示されなくなったり、サイトのレイアウトが崩れたりすることがあります。テーマなどから読み込まれているHTTPコンテンツをすべてHTTPSに書き換えて混在コンテンツが発生しないようにします。

■5 アクセス解析やサーチコンソールの登録URLを変更する
HTTPとHTTPSは基本的には別のサイトであるため、サーチコンソールやアクセス解析に登録されているURLを新たにHTTPSで作成する必要があります。このことによりHTTPSのサイトのアクセス解析ができるようになります。

WordPressサイトのHTTPS化は ワードプレスドクターにご依頼ください


関連タグ:

Wordpress ワードプレス ドクターBlog タグ一覧

© 2015-16. «WP Doctorワードプレスドクター». All right reserved.